企業、組織づくりのマネジメント。永続する組織が持つ究極のマインドセット

【永続する組織が持つ究極のマインドセット】

スキルよりマインドセットが大事と言われます。

組織づくりにも同じことが言えます。

組織づくりで大切なマインドセット
その1は
「力を合わせて最高傑作を創りだす」
です。

ビジネスにおいて、
最高傑作とは、何でしょうか?

 

これには、
担い手の「動機」が大きく影響します。

動機や原動力には
「愛」がなければなりません。

顧客の立場で
短期的、瞬間的にこれを感じる例として

私がもし
レストランや居酒屋に行き
最高に満足するとしたら
「その瞬間を最高に楽しめた」
ときに、そう感じます。

そのお店には「また行きたい」
あるいは「誰かを誘いたい」
と思うでしょう。

長期的な視点に立って
「力を合わせて最高傑作を創りだす」
企業の代表例は、以前私がいた

 

クロネコヤマトです。

荷物を配達する人は
送り主の顔を知りません。

クロネコヤマトの社員教育は
「お客のまごころを届ける」です。

社員の連携プレーなしには
実現不可能です。

ネットワークやシステムづくりにも
多額の投資と、工夫が必要でした。

一時、ほころびが出て
社会を騒がせていましたが、
目指す方向性に間違いはなく
正しい方へ軌道修正しました。

力を合わせて最高傑作を創りだす組織の

対極にあるのは

・一匹狼を大勢集めて競わせる
・何も教えない、烏合の衆
・お金儲けだけしか考えていない

動機や原動力が、
恐怖・悲しみ・怒り・欲望といった

「愛」がまったくない組織です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA