サーバントリーダーシップ 最強のマインドセット

サーバントリーダーシップは、日本人にはなじみ易い考え方です。
民主的、利他、調和を重視した組織運営に適しています。

サーバントリーダーの対極にあるのが、カリスマリーダーです。
独裁的、独善的、ワンマンな組織運営となりがちです。
三角形の組織の頂点に君臨する。強い。上下関係の「上」側。
そのようなイメージが先行します。

価値観は、自分が一番。
行動ルールは、抑え付ける、丸め込む。搾取する。部下を奴隷と勘違い。

その典型は、ヒラメ上司、カリスマ上司です。

 

 

カリスマの対極にあるサーバントリーダーシップは

部下の召使のような、弱々しいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、
実際に企業内でサーバントリーダーシップを発揮する場合、メンバーの意見を取りまとめるだけでなく、決裁権のある上司との交渉に自ら臨み、不足しているリソースを調達するなど、組織内で多方面からの高い信頼と能力が要求されます。

サーバントリーダーが重きを置くのは、下記のマインドセットです。

☑ 現場に自ら足を運ぶ。
☑ 指導よりも、教育(共育の方が適語かもしれません)。あるいは意見交換。
☑ 即断即決。
☑ メンバーの自主性、自発性を促す。
☑ 結果の責任は、自らに課す。(部下のせいにしない)
☑ 叱るよりも、誉める回数が多い。

 

【離職率改善】がおススメする
定着率を飛躍的に上げる戦略は、
サーバントリーダーを養成する戦略です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA